Googleアドセンスのセンス

Googleアドセンスを利用してブログで収益をあげるための情報サイトです。

*

Googleアドセンスで稼ぎたい!と思ったら絶対に押さえたいアドセンス鉄板テクニック。

   

Googleアドセンスはサイトのコンテンツにあわせて広告を配信してくれるとても優れたサービスです。

なんせ検索エンジンのGoogleが提供しているサービスなので、検索から訪問したユーザーの興味・関心を反映した広告が配信される可能性はとても高いと思います。
ただその広告をクリックしてもらうには、ある程度、運営者のテクニックが必要になると思います。

ネット上には多くのアドセンステクニックが掲載されていますので、いくつか興味のあるものをまとめてみました。

アドセンス広告はとにかく目立つこと!

サイトの内容にマッチしていることは大前提として、なによりも重要なのは目立つ事です。これは稼いでいるサイトに共通して言えると思います。まず大きなサイズの広告を利用しています。ビッグバナーレクタングルはとてもよく利用されています。特に記事下のダブルレクタングルは鉄板テクニックです。

Yahoo_news

CTRを向上させる

CTRとは広告のクリック数を広告のリクエスト数で割った数値。つまり、これが高いほど、クリックされやすいという事。平均としては1~3%とも言われていますが、最初の頃は1%を超えるのもなかなか難しいのでないでしょうか。CTRを上げる方法としては、いかに記事と広告がマッチしているかという点が大きく、検索ユーザーが、マッチした広告を表示しているページでクリックをしてくれます。

Chrome利用ならGoogle Publisher Toolbarで広告管理

Googleクロームブラウザーを利用しているならGoogle Publisher Toolbarを利用できます。AdSense、Ad Exchange、DoubleClick for Publishers の広告とアカウントに関するデータを確認して、サイトに適さない広告をブロックできます。

Google Publisher Toolbar

Google Publisher Toolbar

AdSense、Ad Exchange、DoubleClick for Publishers の広告に関する情報の確認、アカウントの監視、不適切な広告のブロックを、ご自身のサイト上で直接行うことができます。

AdSense、Ad Exchange、DoubleClick for Publishers のユーザーの方は、Google サイト運営者向けツールバーを利用すると、ご自身のサイトを閲覧しながら、各 Google 広告に関する情報の表示、不適切な広告のブロック、アカウントのサマリーの確認を行えます。

Google サイト運営者向けツールバーを利用すると、各 Google 広告に、サイズや表示 URL、広告主名など、広告に関する基本的な情報を記載したオーバーレイが追加されます。オーバーレイをクリックすると [広告の詳細] ポップアップ ウィンドウが生成され、次のような詳細なデータを確認できます。

• 広告のリンク先ページへのリンク(安全なクリックが可能)。
• クリック数、インプレッション収益、見積もり収益額などの掲載結果データを含む、広告ユニットに関するレポート。
• 購入者の名前。
• 表示 URL。

[広告の詳細] ポップアップ ウィンドウでは、広告や URL、広告ネットワークをブロックしたり、Google にフィードバックを送信したりするなど、不要な広告に対して措置を講じることも可能です。

Google サイト運営者向けツールバーのアイコンをクリックすると [アカウントのサマリー] ポップアップ ウィンドウが生成され、次のような役立つ概要情報を確認できます。

• アカウントの推定収益額の概要(本日、昨日、今月、先月)。
• チャネルとサイトの収益トップ 5(本日、昨日、過去 7 日間、今月、先月)。

Google サイト運営者向けツールバーを使用すれば、ご自身のサイトを離れることなく、アカウントのサマリーに簡単にアクセスしてページ上の広告に対する理解を深めながら、広告を管理することができます。

Adsenseのクローラー対策

コンテンツと広告の内容をどうやってマッチングしているかというと、GoogleはAdesnseクローラーというものが巡回しています。これは、通常の検索用クローラー( Google Bot )とは異なります。Googleはアドセンス専用クロ―ラー(アドセンスクローラー)でコンテンツを解析しマッチングさせています。このアドセンスクローラーは週一回の頻度でクローリングしています。大事なことは検索用と同様に、このクローラーの巡回にエラーが出ないようにする事。エラーでクロールできないとコンテンツにマッチした広告が配信されずアドセンスの収入アップの大きな妨げになってしまいます。定期的にチェックしてエラーがあれば修正しましょう。

AdSense クローラについて

クローラは、ウェブページのコンテンツの解析とインデックス登録に使用されるソフトウェアで、スパイダーまたはボットとも呼ばれます。AdSense クローラは、関連性の高い広告を配信するため、サイトにアクセスしてコンテンツを分析します。

AdSense クローラについて留意すべきポイントは次のとおりです。

  • クローラ レポートの更新は週 1 回です。クロールは自動的に実行されるため、クロールの頻度を増やすご要望にお応えすることはできません。
  • AdSense クローラは Google クローラとは異なります。2 つのクローラは別個のものですが、キャッシュを共有しています。これにより、2 つのクローラが同じページをリクエストする事態を防ぎ、サイトの帯域幅を節約するよう努めています。同様に、ウェブマスター ツールのクローラも独立しています。
  • AdSense クロールの問題を解決しても、Google クロールの問題の解決にはなりません。[クローラ アクセス] ページに表示される問題を解決しても、Google 検索結果での掲載順位は変化しません。Google でのサイトのランキングの詳細については、Google の検索結果にサイトを表示する方法をご覧ください。
  • クローラは URL 単位でインデックスを登録します。AdSense クローラは、site.com と www.site.com には別々にアクセスしますが、site.com と site.com/#anchor は区別しません。
  • クローラは robots.txt ファイルで禁止されているページやディレクトリにはアクセスしません。Google クローラと AdSense Mediapartners クローラはどちらも robots.txt ファイルを尊重し、robot.txt ファイルでアクセスが禁止されているページやディレクトリをクロールすることはありません。
    ロボットによるブロックがUser-agent: * の行で指定されているページに広告を掲載している場合、AdSense クローラはページのクロールを継続します。AdSense クローラによるページのクロールを停止するには、robots.txt ファイルで User-agent: Mediapartners-Google を指定します。詳細については、こちらをご覧ください。
  • クローラは、Google の広告タグが実装されている URL にのみアクセスを試みます。Google 広告を掲載しているページだけが送信するリクエストに応じて、クロールが行われます。
  • クローラはリダイレクト元のページにアクセスを試みます。他のページにリダイレクトするページ(リダイレクト元のページ)がある場合、クローラはリダイレクト元のページにアクセスしてリダイレクトが設定されていることを確認する必要があります。このため、クローラによるリダイレクト元ページへのアクセスがアクセス ログに記録されます。
  • クロールがサイトにアクセスする頻度現在のところ、Google のクローラがサイトのコンテンツをインデックスに登録する頻度を調整することはできません。クロールはロボットにより自動的に行われます。ページを変更した場合、Google のインデックスに変更が反映されるまでに 1、2 週間かかる場合があります。

 

禁止事項やポリシー違反は厳禁!

禁止コンテンツ

以下のサイトは広告掲載が禁止されています。

アダルト コンテンツ
個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
著作権で保護されているコンテンツ
薬物、アルコール、タバコに関連したコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)
Google ブランドを使用しているサイト
暴力的なコンテンツ
武器および兵器に関連したコンテンツ
その他の違法なコンテンツ

このようなコンテンツポリシー以外にも、プログラムポリシーの確認もしておきましょう。

 

その他、有効な情報があればまた更新していきます。

 - GoogleAdsense ,

        

AdsenseSP

AdsenseSP

  関連記事

Googleアドセンスのそれが命題だ!
GoogleアドセンスはとにかくどうやってPV数を上げるか。それが命題だ。。。Part2

PV数が多ければ多いほど良いに決まっている! 自分のサイトやブログで収益をあげる …

コンテンツを考える
狙った広告を掲載させるアドセンス広告を考えたコンテンツ作り。

Googleのアドセンス広告はサイトの内容や訪問者のカテゴリーや好む分野を自動的 …

Googleアドセンスで掲載したい広告を表示するには?

Googleアドセンスは、ブログやサイトに広告を掲載して、 その広告がクリックさ …

A/Bテスト
Google AdSense 収益化戦略 – 最適化のヒント

サイトコンテンツに合わせたアドセンスレイアウトの最適化 自分のサイトにあったレイ …

google
Google AdSense(グーグルアドセンス)の 基本的な仕組みや規約を確認。

Google AdSenseって何? ブログやサイトに広告を掲載して収益を得られ …

考え中
アドセンス広告の分析結果からわかったクリックされやすい場所

アドセンスを利用していると、思ったほどクリックされない場合があるものです。 記事 …

アドセンス広告枠
アドセンス広告が1ページに4つ以上掲載できるってホント!?

Adsenseプレミアムアカウント 通常Google AdSenseでは1ページ …

Googleアナリティクスとアドセンスのリンク
Google アナリティクスと AdSense のリンク

Googleアナリティクスとアドセンスが簡単に連携できるようになったようです。 …

Adsense memo
クリック単価を引き上げる

Googleアドセンス広告は広告をクリックされると報酬を得ることが出来ますがクリ …

最適化
AdSense を最適化について(広告フォーマット)

アドセンスの利用規約の中にサイト内にアドセンス広告は最大3つまでという決まりがあ …

PAGE TOP ↑